上野優華定期公演@AKIBAカルチャーズ劇場 (2016/04/16) 感想

行ってきました、上野優華定期公演@AKIBAカルチャーズ劇場。

土曜日は、上野優華定期公演@AKIBAカルチャーズ劇場でした。開演ぎりきりだったよ

A post shared by Hilo(ひろ) (@hilo000) on

ゲストがさんみゅ~callmeなんですが、さんみゅ~は西園みすずちゃんが欠席ってことで、それでぎりぎりまで迷ってたのですが。

そんなわけで入場は開演ぎりぎり。すでにフルハウスだったので、入口のドアのすぐ近くで見てました。

出演順、出演時間は、事前にタイムテーブルという形では出ていなかったのですが、各組からの発表からほぼ予想できました。
順番としては、ゲストのさんみゅ~、callme、そして上野優華ちゃん、でした。

さて、1番目はさんみゅ~だったんですが、みっすーがいないことへの不安は見事に当たってしまいました。みっすー一人分以上のマイナス効果になってしまっていて、まるで別のグループなんじゃないかって。
たまたまかと思ったんですけど、後日別の機会でみっすーがいるさんみゅ~を見たら、ちゃんとかっこよかったんでね。

そんな中、いい意味で印象に残ったのがやぁちゃんこと小林弥生ちゃん。ダンスのときの体の動きがきれいだし、それから独特の歌声は、あの歌声に合った楽曲でソロデビューとかどうかなあ、って思ったくらい。

2番目はcallme。昨年のTIF以来だったんですけど、なんていうか、「わたしたちはこういうのがかっこいいと思ってるんです」っていうのが伝わるなって。で、実際ちゃんとかっこよくやってましたし。

終盤すごく盛り上がって楽しかったんですけど、その終盤に向けて盛りあがるような前半になっていたような気がします。今思えば。

そして大トリはもちろんホストの上野優華ちゃん。
セットリストお借りしまーす


歌がよかったのはいうまでもないのですが、曲順もよかったですね。最初の3曲はロックな曲でしたが、前のcallmeの最後で盛り上がったのを受ける形になったし、そこから「天使のウィンク」で一度落ち着かせてからのバラード「シナモンティー」。ラストは、4月という新たなスタートの時期に背中を押すような曲、という「DEAR MY HERO」。優華ちゃんのファンにとっては、duoのワンマンライブのセットには入っていなかったので、貴重な曲ってことになりましたねー。

そして最後は、出演者全員で「旅立ちハイタッチ」。優華ちゃんが「わたしの定期公演なんだからわたしの曲でいいでしょー」というふうにちょっとすねた感じで言ったのに、若干会場ががびみょうな空気になったのを、「みなさん上野優華さん好きですよね!」っていいタイミングで拾ったれいちゃむが、この日のさんみゅ~のハイライトでした。

そんなわけで一通りなんですが、ここまでの間、優華ちゃんはMCでもがんばってましたよ。ゲストの登場前にはゲストを立てつつ盛り上げ、ゲストのライブが終わったあとのゲストとのトークでは、ゲストを立てつつも「美少女の匂いをかぐのが好き」と追っかけまわして盛り上げ、と。

歌がいいのはもちろんなのですが、これだけ楽しくしゃべって盛り上げてくれると、チケット料金分、いやそれ以上、楽しかったーって思いましたねー。

できれば優華ちゃんの歌がもう数曲聞きたかったかな。持ち時間がたぶん全組同じだったと思うんですよね。。ホストとゲストが同じ持ち時間ってどうなのよ、って思ったんですけど。