「さんみゅ~」タグアーカイブ

上野優華定期公演@AKIBAカルチャーズ劇場 (2016/04/16) 感想

行ってきました、上野優華定期公演@AKIBAカルチャーズ劇場。

土曜日は、上野優華定期公演@AKIBAカルチャーズ劇場でした。開演ぎりきりだったよ

A post shared by Hilo(ひろ) (@hilo000) on

ゲストがさんみゅ~callmeなんですが、さんみゅ~は西園みすずちゃんが欠席ってことで、それでぎりぎりまで迷ってたのですが。

そんなわけで入場は開演ぎりぎり。すでにフルハウスだったので、入口のドアのすぐ近くで見てました。

出演順、出演時間は、事前にタイムテーブルという形では出ていなかったのですが、各組からの発表からほぼ予想できました。
順番としては、ゲストのさんみゅ~、callme、そして上野優華ちゃん、でした。

さて、1番目はさんみゅ~だったんですが、みっすーがいないことへの不安は見事に当たってしまいました。みっすー一人分以上のマイナス効果になってしまっていて、まるで別のグループなんじゃないかって。
たまたまかと思ったんですけど、後日別の機会でみっすーがいるさんみゅ~を見たら、ちゃんとかっこよかったんでね。

そんな中、いい意味で印象に残ったのがやぁちゃんこと小林弥生ちゃん。ダンスのときの体の動きがきれいだし、それから独特の歌声は、あの歌声に合った楽曲でソロデビューとかどうかなあ、って思ったくらい。

2番目はcallme。昨年のTIF以来だったんですけど、なんていうか、「わたしたちはこういうのがかっこいいと思ってるんです」っていうのが伝わるなって。で、実際ちゃんとかっこよくやってましたし。

終盤すごく盛り上がって楽しかったんですけど、その終盤に向けて盛りあがるような前半になっていたような気がします。今思えば。

そして大トリはもちろんホストの上野優華ちゃん。
セットリストお借りしまーす


歌がよかったのはいうまでもないのですが、曲順もよかったですね。最初の3曲はロックな曲でしたが、前のcallmeの最後で盛り上がったのを受ける形になったし、そこから「天使のウィンク」で一度落ち着かせてからのバラード「シナモンティー」。ラストは、4月という新たなスタートの時期に背中を押すような曲、という「DEAR MY HERO」。優華ちゃんのファンにとっては、duoのワンマンライブのセットには入っていなかったので、貴重な曲ってことになりましたねー。

そして最後は、出演者全員で「旅立ちハイタッチ」。優華ちゃんが「わたしの定期公演なんだからわたしの曲でいいでしょー」というふうにちょっとすねた感じで言ったのに、若干会場ががびみょうな空気になったのを、「みなさん上野優華さん好きですよね!」っていいタイミングで拾ったれいちゃむが、この日のさんみゅ~のハイライトでした。

そんなわけで一通りなんですが、ここまでの間、優華ちゃんはMCでもがんばってましたよ。ゲストの登場前にはゲストを立てつつ盛り上げ、ゲストのライブが終わったあとのゲストとのトークでは、ゲストを立てつつも「美少女の匂いをかぐのが好き」と追っかけまわして盛り上げ、と。

歌がいいのはもちろんなのですが、これだけ楽しくしゃべって盛り上げてくれると、チケット料金分、いやそれ以上、楽しかったーって思いましたねー。

できれば優華ちゃんの歌がもう数曲聞きたかったかな。持ち時間がたぶん全組同じだったと思うんですよね。。ホストとゲストが同じ持ち時間ってどうなのよ、って思ったんですけど。

さんみゅ~・西園みすずさんの歌にももっと注目してほしいので紹介する2曲

いやそもそもさんみゅ~の注目度がさほど高くないって話が。( #sunmyu のさみしさといったら… )

でもね、あたしは、さんみゅ~のリーダー、そして今のアイドルで屈指の歌の表現力を持つのは、リーダー・みっすーこと西園みすずさんだと思ってますよ。

そんなわけで、さんみゅ~のシングルから、特に西園みすずさんの歌に注目して、2曲ご紹介。

これが愛なんだ(Amazon: これが愛なんだ (通常盤)

さんみゅ~の4枚目のシングルで、初のオリジナル曲。作詞・作曲・編曲は井上慎二郎さん。公式facebookページに詳しいですが、東方神起の日本盤で楽曲制作に関わられてますね。(その話も書きたいけど…また別の機会に…「Very Merry Xmas」とか、いいですね…)

井上慎二郎さんのコメントが、
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=796572407026123&set=a.584298121586887.152937.583568568326509&type=1
にありますが、過剰さのない、かといって物足りないということもない、素敵なポップソングだと思います。

そして、この曲での西園みすずさんの歌に注目するところは、2番Bメロ、サビ前。この前を歌う京極友香さんがいっぱいいっぱいに聞こえるので(単に声色のせいかもしれないけど)、余裕さえ感じますね。

春が来て僕たちはまた少し大人になる(Amazon: 春が来て僕たちはまた少し大人になる(通常盤)

さんみゅ~の5枚目のシングル。作曲、編曲は井上慎二郎さん。井上慎二郎さんのコメントが公式facebookページにあります。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=872307442785952&set=a.584298121586887.152937.583568568326509&type=1

この曲での西園みすずさんの歌に注目するところは、この曲の最もインパクトのあるところでもある、2番の後の繰り返しの頭。切なくもドラマチックな展開の間奏から、西園みすずさんのソロパート、伴奏は小さくなります。そしてこのパートが終わると、サビの繰り返しで全員の歌唱、という泣ける展開なのですが。

いやもうね。この部分を聞くだけでリリイベ行った元取ったな、って、何度も思いましたからね。

間奏を受けての切なくもドラマチックな前半、後のサビの繰り返しの盛り上がるところへ導く、後半の弱く遅くなるところ。そしてこのパート全体では凛とした感じもあり、失恋を乗り越えて未来へ進もうとする歌詞の内容がより印象づけられます。

一見ビジュアル的に地味ですが(^^;(ブログの写真見ると美形だと思うんだけど)、山内遥さんだけじゃなくて西園みすずさんにもぜひ注目してみてください。

カテゴリー:日本のアイドル Tagged: さんみゅ~

さんみゅ~「ほほにキスして」リリースイベント@イオンレイクタウン(2013/04/28) 感想

久々にはまりそうな気が。

さんみゅ~OFFICIAL WEB SITE

「昔の歌を歌ってるらしい」という話だけは聞いていて、テレビの芸能ニュースでちょっと見かけて、「ビジュアルレベルは高いな」って思って、記憶にはあって。

少し前にもイベントがあるのは知っていたのだけれど、時間が合わなくて結局行けなくて。

今回は逆に、急に時間ができたので、見に行ってみました。会場は、イオンレイクタウン kaze 光の広場。JR越谷レイクタウン駅に一番近いオープンスペースですね。ポスターはこんな感じ。
さんみゅ~リリースイベント@イオンレイクタウン
さんみゅ~リリースイベント@イオンレイクタウン ポスター posted by (C)hilo000

「昔の歌を歌ってる」っていう話から、オールドファンを当て込んで、ゆる~くやってるのかなあ、と思っていたのですが。

結構踊ってました。いや、踊ってればいいってもんじゃないけれども。むしろわたしはダンスには興味ないので。でも、なんていうのかな、今のアイドルとしてちゃんとやっていこう、という姿勢が感じられるわけですよ。

歌もそこそこがんばってました。「ほほにキスして」の他、全部で5、6曲歌ってくれたと思います。オリジナル曲もあったのかな?

MCでは、ぎこちなさはなく、あからさまに台本、という感じがなく、自然な感じだったし、明るくて積極的で、さわやかささえ感じました。

そして、なんといっても、やっぱりビジュアルレベルが高い!長身で手足が長くて、清楚な黒髪ロングの美少女、といった、今のアイドルとしてはどちらかというと大人っぽく見えるタイプのメンバーが多いですね。うん、わたし好み。

イベントのときの写真が公式twitterで投稿されていたので、どうぞ。
【さんみゅ~スタッフより】昨日はレイクタウンでのイベントでした!起こしくださった方ありがとうございました!レポート写真です! http://p.twipple.jp/WgOyC #sunmyu|さんみゅ~公式アカウントの投稿画像
【さんみゅ~スタッフより】昨日はレイクタウンでのイベントでした!起こしくださった方ありがとうございました!レポート写真です! http://p.twipple.jp/dVRq2 #sunmyu|さんみゅ~公式アカウントの投稿画像

続きを読む さんみゅ~「ほほにキスして」リリースイベント@イオンレイクタウン(2013/04/28) 感想