「未分類」カテゴリーアーカイブ

ニコニコ超会議2016 (2016/04/30) 感想

行ってきました、ニコニコ超会議2016

昨日は、ニコニコ超会議に行ってきました #ニコニコ超会議

A post shared by Hilo(ひろ) (@hilo000) on

まず足が止まったのが、JALのブース。配布物の配布をしていたCAさん?と地上職員さん?のオーラがすごかったです。あれはコンパニオンさんにはないオーラでした。
もちろんHololensとかエンジンの展示とかもすごかったですけど。エンジンは写真撮ったので載せますかね。
ニコニコ超会議2016 JALブースエンジン展示
Hololensもすごかったんですけど、こちらはプロのレポートでどうぞ。
ASCII.jp:まるでSF!JALに展示されていた「HoloLens」がスゴかった (1/4)|ニコニコ超会議 2016
JALのいろんな制服が着られるコーナーもあって、楽しそうでしたね。

ニコニコ独自の文化由来のブースもたくさんあったんですけど、自分の関心からだとテクノロジー系にいっちゃうんですよね。超ドローンとか。  
下の写真はNTT超未来大博覧会2016の、360°球体ディスプレイ。案内員のみなさんがすごくうれしそうだったのが印象的です。
ニコニコ超会議2016 360°球体ディスプレイ@NTTブース
ちなみにこれ、ゼーレみたいよね。

ユーザーさんが作ったものを出展しているコーナーもあって、この歌うリコーダー、すごかったなあ。

negi.moeさんより。

最後に、ニコニコっぽいのも載せましょうかね。Mobil 1ブースより。

ニコニコ超会議2016、Mobil 1ブースの痛車。 #ニコニコ超会議

A post shared by Hilo(ひろ) (@hilo000) on

さらに、ここでの配布物がこちら。
ニコニコ超会議2016 Mobil 1ブース配布物
左下、分かりますかね、
「CV:YOSHINO NANJO」
だそうですよ。

2015/11/14 Sat. – 国際ハープフェスティバル

国際ハープフェスティバルフェスティバルコンサート@草加市文化会館
行ってきました。
国際ハープフェスティバルポスター@草加市文化会館 photo IMG_20151117_201043.jpg
会場に入る前に事務室の近くの廊下で撮ったのであんまり画質よくないですが…

LFJ以来のクラシックのコンサート、そして国際ハープフェスティバルもひさびさ。

ゲストの1966カルテットの演奏するビートルズナンバーはうたごころがあってよかったし、ハープ独奏のシャンタル・マチューさんの演奏はすばらしくて、(想像だけど)クラシック・ファンではない人も多かったであろう観客の反応が明らかに違いました。

このレベルの演奏が1000円で見られるのはお得でしかないんだけど、多く見積もっても7割くらいしか埋まってないのは、営業・宣伝の担当者の努力不足だなー。

elfin’「Colorful Fantasy」リリースイベント@イオンレイクタウン(2015/07/20) 感想

elfin’というアイドルグループがおりまして。
http://elfinmobile.com/
とか
elfin’オフィシャルブログ「イロトリドリの日々」Powered by Ameba
とかを見て把握してもらうとして。

で、なんで興味を持ったかっていうと、メンバーの花房里枝ちゃんがさんみゅ~の元候補生で最終選考まで残ったらしいとかその他いろいろが理由だったと思います。

elfin’のリリイベ参加は今回で2回目でした。

会場はイオンレイクタウンmori木の広場、入り口から最も遠い会場です。2部の15時~の回に参加しました。

前回のHMVエソラ池袋でのリリイベには10人くらいしか来てませんでしたが、今回は100席ほどがほぼ埋まってました。ただ、あとでわかったのですが、9割が通りがかりの人のようでした。

司会の人を交えたMCをはさみながら、
1. Colorful Fantasy

2. ぶりぶりカンブリア
3. イロトリドリのミライ
と歌ってくれました。

なんてったってすごかったのは、みーたんこと高橋美衣ちゃんの歌。声楽、あるいはミュージカル系の歌い方というのが珍しいというのもあるけど、今回の会場の規模で分かった、高音と、声量のすごさ。

使う言葉が昭和、で「ぽにきゃん!アイドル倶楽部」ではおなじみになってしまったみゆみゆこと辻美優ちゃんは普通のポップスの歌い方だけど、中音域のすごくしっかりした声。ちなみに、彼女は立ち居振る舞いがすごくきれいでしたね。

フラワーこと花房里枝ちゃんは声がかわいい、他の二人ほどではないにしろ、しっかりした歌だと思います。

ミニライブの後は特典会。
CD1枚につき握手会1回、だったのでした。

さて、わたしは今回特典会に参加しようかと思っていて、どのCDのバージョンを買おうか、調べていました。
http://elfinmobile.com/
では見つけられず、
MUSIC -音楽- | PONY CANYON ポニーキャニオン
からたどれる、
MUSIC -音楽- | PONY CANYON ポニーキャニオン – Colorful Fantasy~初回盤A~:elfin’
MUSIC -音楽- | PONY CANYON ポニーキャニオン – Colorful Fantasy~初回盤B~:elfin’
で、初回盤Aと初回盤Bがジャケット違いってことは分かりましたが、初回盤のDVDの内容が分かりませんでした。

それで、CDの予約用紙を記入する前に、スタッフさんに質問してみたのですが、ジャケット違いは分かっていても、DVDの内容がわかってませんでした。上司らしき人に聞きに行ってくれて、
初回盤A:「Colorful Fantasy」MV
初回盤B:「ぶりぶりカンブリア」MV
ということが分かったのですが…

そうしてる間に握手会の列が途切れそうになり、予約受付を後回しに握手会に参加することに。

そんなわけで話すことを考える時間はなく、2〜3往復くらい会話ができる時間があったものの、内容のある会話はできなかったのですが、そんな中印象に残ったのは、目をまっすぐ見てくれた辻美優ちゃん。さらにこういったはなんですが思ったよりも顔が小さかったです。

さんみゅ~ 西園みすず、新原聖生出演「Grateful Days」@代官山loop (2014/05/12) 他の出演者について

【EVENT】「Grateful Days」(西園・新原出演) | さんみゅ〜
というイベントがあって、ぜひにでも見に行きたいと思っているわけですが、今回のイベントの他の出演者について調べてみると、みんな女性ソロシンガー(ソングライター)のようなのですね。

とすると、やっぱり気になるわけで。西園みすず、新原聖生両名とも、ソロ出演のときはソロシンガースタイルなわけで、つまりは同じスタイルの人たちと一緒に出るってことなわけで。
それに、女性ソロシンガー(ソングライター)というのはわたしの特に好きなスタイルの一つでもあるので。

ちなみに、あらためて出演者は、

初音 / 西園みすず(さんみゅ〜) / 新原 聖生(さんみゅ〜) / 今井里歩 / 上野まな

O.A:福田翔子

だそうです。

ということで、webを見て回って調べてみました。

なお、O.Aの福田翔子さんについては音源を紹介できる適当なYoutubeビデオなどがなかったので、当日をお楽しみに、ということで。

初音 さん
初音|オフィシャルサイト
写真を見ると、かわいらしいです。最近アルバムのリリースがあったようで、そのトレーラームービーをどうぞ。

いろんなスタイルの曲がありますが、一通り聞いてみて、みずみずしい、という言葉が浮かびました。

ちなみに、twitterアカウントは @hatsune1011 だそうです。

今井里歩 さん
今井里歩 Official Blog
歌がうまい!
最新シングルの試聴音源(Youtube)を聞いてもらえばすぐわかります。https://youtu.be/L5fMmu9GyEQ

なんというか、今っぽい曲というか。うまい人にしか歌えない曲だと思います。

Youtubeには、【今井里歩】Let It Go~ありのままで~【アナと雪の女王】というのもありました。みなさん知ってる曲でしょうから、どんな歌を歌う人かよりわかりやすいかもしれません。

ちなみに、twitterアカウントは @rihoimai だそうです。

上野まな さん
Mana Ueno Official Web Site
Wikipedia情報によると女優の上野樹里さんのお姉さんだそうです。「新しい朝の始まりに」という曲をライブ映像でどうぞ。

透明感のある歌声、そしてロマンチックで美しい曲だと思いました。

ちなみに、twitterは @manaueno だそうです。

この記事を書くために上で挙げたみなさんの曲を何度も聞いたのですが、何度聞いても印象に残るのは、歌に込められた想いの強さや深さでした。

さて、当日、ライブで見て聞いて、どんな風に心が動くのでしょうね。

現代アートのような幻想的なMV、台湾の女性デュオ、火星熊「火星熊同名創作專輯」

おひさしぶり、というかこの記事は2014/06/29に書きかけたままだった記事ですが。(その続きを書いているいまは2014/09/07)

ていうか今回紹介するアルバムを買ったのはもう2年前の夏。

そのアルバムとは、台湾の女性デュオ、火星熊(Mars&Coara)「火星熊同名創作專輯」。

きっかけはYouTubeを回っていた時に偶然見かけた、このアルバムにも入っている「三藩市」のMV。

二人のハーモニーの美しさなど、曲もよいのですが、なんといっても映像の美しさ、まるで現代アートのよう。

これはアルバムを買ってみよう、ってことで、


火星熊同名創作專輯

どうやら現在は廃盤になってしまったようで、マーケットプレイスへのリンクでご容赦。

前半は上で紹介した「三藩市」など、アコースティックなサウンドと二人のハーモニーを主に、アーバンでもあるアレンジの曲、中盤はありきたりのポップス、R&Bなどちょっと退屈、後半は「Longing For」など、心癒されるきれいなバラードを聞かせてくれます。

このアルバムの収録曲のうち、5曲(「青玉案」「我們之間」「三藩市」「寂寞咖啡杯」「追求」)は公式YouTube(專屬頻道火星熊 – YouTube)にMVがあるんですよね。
ちなみにその中でおすすめは、上で紹介した「三藩市」、そして、フランス映画、もしくは台湾映画のような映像の雰囲気の「青玉案」(日本ではほぼ見かけないWindows Phoneが登場するのもおもしろい)です。

さて、現在の彼女たちは、このアルバムのあとの新譜はまだないようですが、音楽活動はしているようで、
Mars&Coara火星熊 | Facebook
でその様子を知ることができます。
そのfacebookページにリンクが投稿されていた、公式のSoundCloudがあり、そこには最近のものと思われるライブ音源もあります。

アイドル甲子園FESTIVAL@新木場STUDIO COAST(2014/03/29) 感想

ほぼ一ヶ月ぶりに戻ってきました、新木場STUDIO COAST。(一ヶ月前の話はウタ娘スーパーライブ@新木場STUDIO COAST(2014/02/23) 感想(1)ー全体を通して | Hilo 0 Asian Pops & Idolsとかウタ娘スーパーライブ@新木場STUDIO COAST(2014/02/23) 感想(2)ーpeach sugar snow,ANNA☆S,アイリス(by MORADOLL) | Hilo 0 Asian Pops & Idolsとかウタ娘スーパーライブ@新木場STUDIO COAST(2014/02/23) 感想(3)ーGALETTe、predia | Hilo 0 Asian Pops & Idolsとかで)
アイドル甲子園FESTIVALの感想ですよ。

今回は感想を3項目に分けて一気に。

続きを読む アイドル甲子園FESTIVAL@新木場STUDIO COAST(2014/03/29) 感想

美月さま

キモチワルイと思われるのでこっちに書くんですが。

美月さまとは、CanCam専属モデル、山本美月さまですよええ。

いまどきの女子らしく、アニメなんかも好きだってことで、Google+では、クリィミーマミコスプレを投稿して、アマチュアコスプレイヤーを駆逐してみたり。


でも最近のわたしのお気に入りは、スーツブランドAOKIとCanCamのコラボレーション企画のCM。オフィシャルなCMギャラリーは
AOKI&CanCam CMギャラリー|レディーススーツ(女性用スーツ)ならAOKI
だけど、あたしはそこには載ってないのが好き。

スーツ姿の女子ってだけで萌え要素満載だってのに。ああもう。

それにしたって、美月さまが表紙のCanCamを買おうか買うまいか、どれだけ悩んだか。ananの「秘かにアイドル研究!」の号は何の抵抗もなく買えたというのに。

ウタ娘スーパーライブ@新木場STUDIO COAST(2014/02/23) 感想(3)ーGALETTe、predia

1部の終盤、15時台は、
predia→GALETTe→predia→GALETTe→TAKENOKO△→palet
と、フライヤーを配ってたANNA☆Sのメンバーに当たりそうになったりしながら、われながらすごい回り方をしたのでした。

そんな中から、GALETTeとprediaについて短く感想を。

GALETTe

今や話題騒然、その理由は今回の1曲目でもあった「neo disco」のライブパフォーマンスを見てもらえれば十分。
昨年秋の小倉あるあるCityでのイベントよりどうぞ。

東京女子流ぽい、て声も聞いたことがあるのですが、よりもクールで大人っぽいイメージがいいですね。いや実際、東京女子流より高めだと思うのだけれど。

わたしはデビュー当時から知ってるので(話題騒然なきっかけとなった昨年11月のイベントについても、Hilo 0 Asian Pops & Idols » GALETTe「G」リリースイベント@東京 (2013/11/3,2013/11/4) 感想で書きました)、お客さんがどのくらい集まるのか、というところに興味があったのですが、思ったほど、という感じでしたね。同じステージに出ていた他のアイドルと同じくらいかな。

predia

圧巻。圧倒的。

ビジュアルのセレブ感はんぱない感じもすごいんですが、なんてったって歌がすばらしかったです。安定感もはんぱないし。
昨年の夏のライブの映像、音があまりよくないですが、ぜひどうそ。

あまり話題になってるのを聞かないのだけれど、尖ったことやってないからなのか、低めじゃないからなのか。あたしが知らないだけなのか。

ウタ娘スーパーライブ@新木場STUDIO COAST(2014/02/23) 感想(2)ーpeach sugar snow,ANNA☆S,アイリス(by MORADOLL)

peach sugar snow

南波一海のアイドル三十六房」で紹介されてて、今回このイベントに参加したきっかけでもあり、目的でした。前日が遅くてぐったりして充電忘れたけど、彼女たちを見るためにほぼそのままで出てくるほど。

小学生で、しかもウィスパーボイス、というのがアピールポイントらしく、「南波一海のアイドル三十六房」で紹介されてたときは、正直いろものなのかなって思ってました。

今回、ライブで見て思ったのが、まず楽曲がすごくよかったということです。1曲だけ、公式のMVがあります。この曲も歌ってくれました。
peach sugar snowセカンドシングル「じゅもん」PV – YouTube
わたしがお気に入りなのは多分別の曲で、エレクトロ感があまりない、ゆったりした曲だったと思います。カフェで普通に流れてそうな感じのいい曲でした。

ライブで見て感じたのは、楽曲がいいだけじゃなく、ダンスの振付が、曲の世界観にとても合った、雰囲気のある振付だな、ということでした。
そして、その、踊る方から見れば複雑な振付のダンスだと思うのですが、ちゃんと踊れて、表現できてました。

潜在能力高そうです。

ANNA☆S

いろいろと話は聞いていて知ってはいたのだけれど、どうなのかな、と思っていたのですが。

ダンスが圧倒的。そのエネルギーで見ているだけで心が熱くなりました。メジャーデビューしてないのが不思議でしょうがない。

感じとしてはハロプロっぽくって、タイプとしてもメジャー向きだと思います。

そんな彼女たちのパフォーマンスを見るには、数あるビデオの中から、
ANNA☆S / 生バンドLIVE 2013/12/22 – YouTube
がおすすめ。

アイリス(by MORADOLL)

南波一海のアイドル三十六房」で紹介されてて気になってたもう一組。今回のわたしの一番のお気に入りでした。

ソウルとディスコとファンクの区別さえいまいちよく分かってないんで、楽曲についての詳しい説明は
観覧記録 アイリス(by MORADOLL) 1stCDリリース/nanoCUNE/ゆるめるモ!「アイドル・フィロソフィー VOL.4」2部@渋谷Club Asia – Aerodynamik – 航空力学
あたりで、
わたしのお気に入りの曲とは違うのだけれど、ビデオがあったので、
「アイリス」(by MORADOLL) 仙台放送まつり2013 – YouTube
もどうぞ。

裏打ちのおしゃれな、そしてゆったりした曲が、どちらかというと落ち着いた雰囲気の3人にとても合っていました。
MCのときに見せてくれた、そんなに慣れていない感じも含めて、親しみやすさも感じるキャラクターもかわいかったです。

ウタ娘スーパーライブ@新木場STUDIO COAST(2014/02/23) 感想(1)ー全体を通して

出演者リストを見たときに、「南波一海のアイドル三十六房」の2014/02/13の回のいろんなアイドルのCDを聞く回で紹介された曲(曲のリスト)で、ちょっとおもしろいかも、てアイドルが何組かいて、さらにそれとは別に名前は知ってて気になってたけど見たことなかったアイドルが何組かいて、これならチケット代の元が取れるかな、と思ったので、参加してみました。

なかなか楽しかったです。ビジュアル、それからダンスについては、メジャーデビューしているアイドルに負けてないな、ってアイドルが少なくないですね。
一方、楽曲、歌については、正直、なんというか、ちょっと粗いかなあ、って印象を受けることが少なくなかったです。主な活動であるライブの盛り上がりを考えていくと、盛り上がるのを優先させるというのは、それはそれで間違っちゃいないんでしょうけど。

そんな中でも、気になったアイドルについて、次回のエントリ以降、何回かに分けてにエントリを分けて書きたいと思います。

ちなみに、私が回った順番は、出番の途中で抜けてきたところも含めて、
peach sugar snow→ANNA☆S→i☆Ris→放課後プリンセス→前田彩里→アイリス→Barbee→青SHUN学園→しず風&絆→predia→GALETTe→predia→GALETTe→TAKENOKO△→palet
でした。

このエントリでは、次回以降開催されたとき、行こうかなどうしようかな、って人のために役に立つような、気が付いたいろいろなことについて書いてみたいと思います。

ここからは、次回開催されたとして、行こうと思っている人に役に立つような、気が付いたことを書いていこうと思います。

  • そんなに混んでないし、十分安全。ただ、お酒は売ってます。
    これはわたしが参加した1部が日中だったからかもしれませんが、ステージ間、ステージ内とも、十分な余裕があります。ライブ中以外で興奮しているような人もいないので、そのあたりは安心していいと思います。
    ただ、お酒の販売は規制されてないし、実際飲んでる人も見たので、時間帯によっては気を付けた方がいいかも。
  • お金はかかってなさそうだけど、美観は保たれてる
    施設はいかにも古そうなのが見受けられるし、例えば、野外ステージの一つの観覧スペースのすぐ隣が喫煙スペースなのに、仕切られてなくて受動喫煙がつらかったとか、あと、後述しますが、ごはん食べるところほぼないとか、全体的にお金かかってないなーと思いましたが、ごみが道端に落ちてたりとかはなく、美観は保たれてました。スタッフさんが清掃作業をがんばってるって感じでもなかったので、お客さんのよい振る舞いによるところでしょう。
  • 食事についての環境はよくない
    再入場不可の上に、屋台一台しかなく、しかもおいしくなさそう(聞いた話だとやっぱりおいしくなかったみたい)でした。会場から新木場駅の間もコンビニ数軒くらいしかなかったです。
    通し券の人は事前に調達した方がいいし、どちらかの人は食べてきちゃうか、我慢しちゃう方がいいと思います。
  • 巻き込まれ注意
    客席を巻き込んで、場合によっては客席に降りてきて、ものすごい盛り上がりになるアイドルの場合、適当に付き合って手拍子とかしてると巻き込まれます。(青SHUN学園のときに巻き込まれました(^^;)。
    巻き込まれたくない場合、後方でおとなしくしてるのがいいみたいです。

さて、次回のエントリからは、peach sugar snow、ANNA☆S、アイリス、predia、GALETTeの順で感想を書いていきたいと思います。MVなどのビデオがYoutubeなどにあれば貼っていくつもりなので、重くならないように、何回かに分けて書いていきます。