「ワールドミュージック」カテゴリーアーカイブ

PAPERSKY × OSKLEN 伊藤ゴローさんイベント@青山OSKLEN (2016/07/22)

J-WAVE「サウージ!サウダージ」のプロデューサーでもある中原仁さんのブログで見つけたのですが、
7/22 OSKLEN青山店で伊藤ゴローさんのイヴェントに出演 : 中原仁のCOTIDIANO(ARTENIA公式Blog)
伊藤ゴローさんのライブにアマゾン料理、ついでにウェルカムドリンクまでついて2000円!?

イベントの詳細は
伊藤ゴロー presents「RIO & BOSSA NOVA NIGHT」開催 | PAPERSKY
だったのですが、まあ何度も見返しましたよ。別料金とかあるんじゃないか、とかね。

まあ行ってみたらそこはだいじょうぶだったんですが、会場のOSKLEN青山店というのがまあひどくおしゃれな場所でして、ちょっとどきどきしましたよね。平日の夜だったというのが逆によかったですわ。

イベントがどんな様子だったかは中原仁さんのFacebookに載ってた写真がよくわかります。
中原 仁 – 今夜はOSKLEN青山店で伊藤ゴローさん、PAPERSKYルーカス編集長とのOSKLEN×PAPERSK… | Facebook

最初が雑誌「PAPERSKY」#50のリオ・デ・ジャネイロの記事
http://www.papersky.jp/places/Rio-de-Janeiro/
に即した写真を見ながらのトークショー、
次に伊藤ゴローさんのミニライブ、
最後にアマゾン料理(軽食)がお客さんにふるまわれました。

伊藤ゴローさんのライブはもちろんすばらしかったのですが、それと同じくらい印象に残ったのは、アマゾン料理(軽食)がお客さんにふるまわれたときの雰囲気、青山のおしゃれな大人のパーティーってこうなんだなあ、と思いましたよね。
それが伝わるかどうかわからないけど、Instagramでこのときのすてきなお写真見つけたので貼っちゃいます。

Yvette Youngにはきっと押尾コータローさんもびっくり

more recordsのブログで見つけたのですが、
あの噂のYvette Young率いる3人組マスロックバンド ”Covet”が熱い!|moreブログ
そこにも載っていたYoutubeビデオを見てもらえば、この記事のタイトルの意図が分かってもらえるはず。

上記ブログで同じく紹介されてる彼女のバンド「Covet」の最新音源からのYoutubeビデオもすごくかっこよいです。

その音源は
Covet 「Currents EP」  – more records
これ、EPってことでか1404円らしいので、大宮に行ったときに購入するか検討したいと思います。

2015/11/05 Thu. – JFN「A・O・R」でスロバキア音楽特集でした

20時ころにTwitterで

というツイートを見つけたので、radiko.jpで聴きました。
2015年11月5日(木)特集|A・O・R|JFN Online

ものすごい混沌を感じるけれど、まだ聞いたことのない音楽。

オンエアリストは、
2015年11月5日(木)オンエアリスト|A・O・R|JFN Online
スロバキア音楽特集は20時以降。

選曲の小林寛さん運営のザビエル・レコードもぜひ、試聴も可能なようですよ。

ザビエル・レコードのTwitter ( @xavier_records )もおすすめ。定期的にビデオクリップなどを紹介ツイートしてくれます。

いそがしい平日の朝でさえ心が落ち着く、原田知世「noon moon」

お久しぶりです、間がだいぶ空きましてすみません。
サブブログ( Hilo 0 Asian Pops & Idols ANNEX )はもうちょっと更新してるのですけど。

今回は、先日、別のCDをTSUTAYAでレンタルしたときに見つけて、発売されたころに気になっていたので、一緒にレンタルしてきた、
原田知世「noon moon
をご紹介。

プロデュースが伊藤ゴローさんということで、ボサノヴァとか、ブラジル・ポップスぽい感じなのかな、となんとなくイメージしてたのですが、聞いてみるとそうではなく、’80s~’90sのJ-POPを思わせるメロディーで、なつかしくて聞きやすかったです。

もうちょっと細かく言うと、’80s~’90sのJ-POPを思わせるメロディー、伴奏はアコースティックなサウンドでていねいにアレンジされていて、カフェミュージックを思わせ、そこに原田知世さんのやさしいヴォーカルが乗るちう、少しの懐かしさを含みながら、穏やかな気持ちで聞けるアルバムだと思います。

なんかもう最近はですね、平日の朝にはテンションの高い曲は無理だな、て思っていて、ここしばらくは平日の朝に聞く曲がなかったのですが、ようやく見つけた、って感じです。
もちろん、休日の昼下がりに聞くのだっていいと思います。

最後に、このアルバムについてもっと知りたいと思ったら、
原田知世『noon moon』スペシャルサイト| commmons
を訪れてみてください。  
そして、そのサイトにもある、YoutubeでのMVをどうぞ。  

秋口に聞くのにちょうどいい、Mango Season

このブログでは、主に韓国、台湾のポップスを扱っていますが、わたしの趣味としてはワールドミュージック全般が好きなのですよね。最近、タワレコやHMVなど、大手レコード店にも行くようになって、よりその傾向が強くなってきました。

そんなわけで、これからは韓国、台湾のポップス以外のワールドミュージックについても取り上げていきたいと思います。

さて、今回は、そんなタワレコのワールドミュージック情報twitterで見かけた、

Youtube(Mango Season – YouTube)やSoundCloud(Mango Season’s stream on SoundCloud – Hear the world’s sounds)で曲が聞けるのでぜひ。

ハワイの人たちというこで、ベースにはハワイアンがあるのかな、と思いつつも、ハワイアン過ぎないサウンドで、秋口の少し涼しくなってきたころにちょうどいいんじゃないかなあ、と思います。

おすすめなのは、もちろんCDを買うのがいいとは思うのですが、まずは、上で紹介したMango Season公式Youtubeの再生リストMusic Videos – YouTubeなど)の単位で流しっぱなしにして楽しむことですね。これがほんとに涼感あふれる気持ちよさなのです。

そして気に行ったらぜひ、CDでどうぞ。
Mango Season/Flying Home – TOWER RECORDS ONLINE

カテゴリー:Uncategorized Tagged: Mango Season