2011/11/23 「さくら学院オープンキャンパス」感想

(2011/11/25 18:28)現地で撮影した写真を追加しました。配布された「学校案内」の写真はあらためて。
(2011/11/25 2:00)リンクと追加情報を追記しました。写真は夜が明けて以降あらためて。

さくら学院のイベント「さくら学院オープンキャンパス」に行ってきましたので、その感想を。

「さくら学院オープンキャンパス」は、さくら学院の2枚目のシングル「ベリシュビッッ」の予約特典イベントでした。
予約した人が抽選でイベント参加券を入手できるというものでした。

会場は山野ホール。会場の様子は、学校の体育館をイメージしていただければだいたい間違いはないです。卒業式よろしく、パイプいすのちょっといいものが並べられていました。
ちなみに、さくら学院のイベントは、過去のイベントからずっと、着席で見ることになっていて、今回も同様、着席で見ることになります。

さて、イベントの内容は、「学校説明会」とミニライブ。
「学校説明会」は、さくら学院のこれからの展開について、

  • 校則が決まりました。7人の女性偉人の言葉をもとにした、とか。大型モニターに映し出されたのですが、文字が小さくて読めなかったです、たぶん公式ウェブサイトに掲載されるでしょう。 (追記)イベント終了後に配布された「学校案内」にも掲載されていました。写真が撮れたら掲載します。
  • 「校長先生」こと倉本美津留氏登場。なんでも2年前にテレビ番組でさくら学院のメンバー何人かと共演したことがあるらしい、ということでそのときのVTR。
  • 倉本氏による「アイドルを超えたアイドルになるためには、すばらしい人たちとふれあうのが一番」ということで、実際の授業風景のVTR、そしてその中で先生の紹介。(どんな先生たちかは、公式ウェブサイトの連絡板にも掲載されています。また、12/3、12/4、12/10、12/11に「公開授業」と称して、抽選でその授業を観覧できるそうです。)(追記)以上2つの項目についての発表の映像は、映像が、さくら学院公式チャンネル#15 ‐ ニコニコ動画(原宿)で見られます。
    ちなみに、このVTRで、昔、テレビ東京でやってたハロプロの5分番組を思い出しました(^^;なんていう番組でしたっけ?
  • 倉本氏が「この会場でも早速授業をやってみましょう」「無から有を生み出す、ということで、さくら学院のマスコットを考える、その中から実際に決めます」ということでスケッチブックを配っているときに、セーラー服で女装した小島よしおさん登場、「そんなの関係ねえ」披露。
    行われたのは、要するに大喜利です。まあボケはないわけだけれど。印象に残ったことは、
    • 倉本氏と共演したことのあるメンバーは、なんというか、お互いやりやすそうだった
    • 作品を発表して、すぐに隠してしまった、時代の対極を行くスーパーシャイガール、松井愛莉ちゃん。お客さんも本当の父兄のように、見守るといった雰囲気に(*^^*
    • 武藤彩未ちゃん「かわいく描けないんですよ~」まあ確かにかわいくはないけど、結構完成度が高かった。
    • そんな彩未ちゃんを「それが彩未の個性だから」と励ます、三吉彩花ちゃん。彩未ちゃんと彩花ちゃんの友情が見えた一シーンでもあり、これも含めて随所に見られた、彩花ちゃんのまじめな性格が見えたシーンでもありました。
  • TOKYO MXでさくら学院の番組放送決定です。そういえば少し前に9nineがTOKYO MXで番組やってなかったっけ?

後半はミニライブ。まず新曲「ベリシュビッッ」のMV。いやーもう彼女たちは「かわいいのエリート」ですね、ええ(*^^*。メンバーのアップやワンショットも満載なのですが、表情もかわいいし、どきっとする視線もいいです。どきっとするのに媚びてる感じがないのが、「かわいいのエリート」って感じです。(追記)さくら学院公式チャンネル#15 ‐ ニコニコ動画(原宿)の2分36秒あたりから、「ベリシュビッッ」のMVが見られます。

次に新曲のライブ。オクラホマミキサーがモチーフになっているので、みんなで輪になるフォーメーションがあるのがおもしろかったです。前回のライブ「さくら学院祭」でも小さい輪を作る振り付けがある曲がありましたが、輪を作る振り付けって珍しいですよね。
さらに3曲(か4曲)のライブ。さすがに4列目で見ていると、盛り上がるのを忘れてぽーっとしてしまいました。楽しかったし、どきどきしましたねー。
まあそうそう前の列で見られることはないとは思いますが、もしこんなことが続くようだと、さすがに教育じゃなくて精神の健康に悪いです(^^
ところで「さくら学院祭」のときは下手側に席を取ったところ、お気に入りの松井愛莉ちゃんはほとんど上手側だったので、今回は上手側に席を取ったのですが、今度は松井愛莉ちゃんは下手側が多かったです。相性悪いんですかね。あと、三吉彩花ちゃんの美肌と、武藤彩未ちゃんのもはやセクシーと言ってもいい視線が、特に印象に残ってます。(*^^*

実は山野ホールは地下三階にあったのですが、そこまでの階段のロビーに、メンバーが作った作品展示、というのがあったのですが、指定席ではなかったので、われ先にといい席を取るのに会場に急ぐ結果、ゆっくり見られるはずもなく、多くのお客さんが終演後に見ていました。
写真撮影が可能だったので、何枚か撮ったものを掲載します。

まずは終演後、会場出て階段上がってすぐのところに、メンバーのコメントボード。お客さんが順々に撮影していくのですが、狭い場所だけに上手に撮れず、修正してもこんなものですが。たいしたことは書いてないですね(^^;

田口華ちゃんの作品。他のメンバーの作品の撮影は混み合っていたので、あきらめてしまいました。
さくら学院全体としても、ほんとに迷わないで進んでほしいです。

まとめですが、司会で、前回の「さくら学院祭」の演劇にも出演した「担任の先生」こともりはやしさんのトークで、最初から最後まで笑いっぱなし、メンバーのキャラクターも楽しめ、新曲もよかったし、私としては何より4列目という未知の体験ということも含め、これで2000円台前半と、大変よいイベントでした。
今後の展開についても、ずいぶん派手だなあとは思いますが、あんまり変わった方向にならなくってよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です